◇仏式の葬儀
仏式の葬儀では、基本的に香(こう)を使用します。
これは、香の煙は、仏の食物であるという教えから来ています。
通夜→葬儀・告別式→火葬・埋葬→法要→忌明けという、ごく一般的な考え方は、全て仏式のものです。
ちなみに、神式では、 通夜祭・遷霊祭(この時点で、故人は氏神になります)→葬場祭→火葬・埋葬→法要
キリスト教では、 前夜式(本来はない儀式で日本式です)→葬儀ミサ(告別式も日本式、ちなみに献花も日本式です)→火葬・埋葬 それぞれ、基本的な考え方が違うので儀式にも違いが出ます。

◇安置(仏教)
遺体を清めて、死に化粧を施し、死に装束を着せた後、遺体は、手を胸元で合掌させて数珠をかけて寝かせます。
遺体は北枕に寝かせます。

◇枕かざり(仏教)
・一本線香
・一本ろうそく
・一本樒(しきみ)・・・・花台に樒(仏前草など)をたてるのが正式。菊でも良い。
・鈴(りん)
・水・・・・故人が生前愛用していた湯飲みやコップに入れる。
・枕団子 ・枕飯・・・・故人が生前愛用していた茶碗に入れ、愛用していた箸を垂直にたてます。

◇枕経
枕飾りを整えた後、僧侶を呼んで故人の枕元で最初の読経をしてもらいます。

◇仮通夜(仏教)
死亡当日の夜、そのまま遺体を布団に寝かせて、近親者のみで一夜を過ごすことを仮通夜と言います。
翌日の通夜に入る前に納棺するのが一般的な形とされています。
本来では、仮通夜こそが、通夜のあるべき形なのですが、近年の葬儀事情により、現在の形になっています。

◇納棺(仏教)
僧侶を招いて納棺経をあげてもらい、読経の間に納棺をするのが本来の納棺の儀となります。
現在では、遺族と葬儀社のみで納棺を行うことが一般的です。
棺の中には、故人愛用のものを一緒に納めます。
※火葬炉に入れて良いものといけない物がありますので、葬儀社の担当者と確認をすることが必要です。

◇通夜(仏教)
通夜のいわれは、遺体を守るためのもので、夜になって野獣などが襲ってくるのを避けるため、遺体の傍で一夜を明かす事に始まっています。
現在では、午後6時〜7時位からはじめ、午後9時頃までに終えるのが一般的です。
斎場を利用する人が増えた為、現在では、時間を一定で区切っています。

通夜ぶるまい(仏式)
仏教では、通夜ぶるまいは精進料理とされ、なまぐさ物は、禁じられていました。
現在では、特にこだわらず弔問客に振る舞われる「宴席」の意味合いが強くなっています。

◇焼香(仏教)
香には、線香と抹香があります。
仏式では、焼香と合掌は、故人の霊を清め、仏に帰依することを念じるための礼法とされています。
通夜の時には、線香をあげ、告別式では香をたく場合が多いようです。
線香に火を移した際、炎を吹いて消すことはよくありません。 手であおいで消しましょう。

◇葬儀と告別式(仏教)
現在では、葬儀と告別式の区別をつけないで同時に行うことが多数です。
社葬等の大型葬の場合、現在でも正式な儀式の流れを持つようです。
葬儀と告別式を区別しないで簡略化する理由は、かかる時間が半分程度で済むと言う時間的なメリットがあるからです。

◇納め式(仏教)
棺がかまどの中に安置されると、火葬の前にもう一度焼香をします。
かまど前には、備え付けの小卓が用意されています。
僧侶に最後の読経をお願いします。
読経が終わると全員で焼香をします。
現在では、省略される事が多いようです。

◇野辺送りの儀(仏教)
現在では、土葬が禁止されている地域がほとんどで、野辺送りをすることも無いと思います。
昔は、土葬をする場合、棺を担いで墓まで送る野辺送りの儀式が行われます。
葬儀の順列やしきたりは、その土地の風習で違ってきますが、先頭に鐘や鈴、続いて僧侶、その後に続き棺、棺の後に位牌を持った喪主が津すきます。
この後に、遺影、枕飯、水桶、香炉、花、そして親族、会葬者が続きます。

◇清め塩
火葬場から戻ったら、塩と水で体を清めます。
正式には、まず手を洗いますが、喪家の家族でない手伝いの人がひしゃくで水をすくい、手にかけてあげタオルを差し出します。
全員が手を洗い終わったら、次に体に塩を振りかけます。
塩のまき順は、まず正面、次に背中、最後に戸外に向けてまきます。

◇数珠

数珠は宗派によって多少違いますが、市販されている略式のものは一連で、どの宗派にも共通して使えます。
数珠の材料は、黒檀、白檀、虎目石、菩提樹、めのう、水晶、さんご等で出来ています。
紫や朱の房がついています。
男性用は珠が大きく、女性用は珠が小さくなっています。
数珠は、通夜、葬儀、法要などの仏事に欠かせない小道具です。


>>HOME


© KAZUMURA