◇キリスト教の葬儀
キリスト教では、死をけがれと考えません。
主(神)のみもとに召されることを祝福します 葬儀全体も、キリスト教の場合、故人を偲ぶ事ではなく、主(神)にお許しを頂く儀式という色合いが濃いことが特徴です。
しかし、日本人の宗教観では、このこと自体が理解できません。
よって、日本では、比較的故人を偲ぶ形での葬儀が行われています。
本来、献花という儀式は存在しませんでした。
しかし、日本では、仏式は焼香、神式は玉串奉奠、という儀式があることから、キリスト教では、献花という日本独特の儀式も生まれました。
葬儀の後も、キリスト教では、死はけがれでない以上「忌明け」も基本的に存在しません。

◇枕飾り(キリスト式)
枕飾りの決まりは特にありません。
小机に白か黒の布をかけ、ロウソクに火を灯し、白い花や聖書、十字架などを並べます。

◇納棺(キリスト式)
キリスト教の場合は、カトリックは神父が、プロテスタントは牧師が祈祷をし遺族や近親者が聖書朗読と讃美歌斉唱をした後、納棺します。
遺体の周囲は白い花で飾り、棺は黒い布で覆い、十字架を乗せます。

◇感謝の典礼(キリスト教:カトリック)
神父がパンとブドウ酒の奉納のあと、それが神に受け入れられるよう祈祷し、続いて復活の希望、天の永遠のすみかを述べた叙唱を唱え、キリストの死と復活を記念してキリストの体と血を捧げます。
そして生者と死者のために祈り、人々の一致を願い聖体を参列している信者に授け、結びとして拝領祈祷を唱えます。

◇告別式(キリスト教:カトリック)
告別式は、色々な形があるようですが大体次の通りになります。 聖歌を合唱し故人の履歴(略歴)の紹介の後、神父が献香または、撤水し、結びの祈りとなります。 祈りの後、神父は退場しこの後、弔辞や弔電披露が行われオルガン演奏の間に献花が行われます。 献花の後、遺族代表の挨拶をして閉式となります。

◇ 献花
キリスト教の葬儀では、本来、故人にではなく神に向かって捧げるものとされています。 しかし、日本人の感情として死者に直接別れを惜しみたい気持ちがあるため、日本的なキリスト教葬儀の一つの型として、会葬者が菊、カーネーションなどの茎の長い花を捧げる献花が考案されたのです。

◇プロテスタントの葬儀進行
プロテスタントでは、臨終の際の聖餐式(洗礼を受けていない場合は、臨終の祈り)、納棺、前夜式、出棺式、葬儀、埋葬(火葬)となります。

◇聖餐式(プロテスタント)
臨終前に牧師を呼び、聖餐式を行います。
牧師が病人に、パンとブドウ酒を与え、聖書の一節を朗読して安らかに天国へ召されるよう祈るものです。
この時、家族も一緒に祈りを捧げます。 臨終を迎えた際には、家族は、仏教と同様に死に水をとります。
プロテスタントでは、善良なる信徒はイエス・キリストを信じることで生前から神によって救われているので、死後は直ちに神のみもとに召されると考えられています。

◇納棺(プロテスタント)
納棺には、牧師を呼び短い祈りの後に、遺族の手で棺に納め、遺体に白い布をかぶせて棺の中を白い花で埋めます。
蓋をして、棺を黒い布で覆い、前夜式の行われる部屋で安置します。
棺の枕元に、小机を置き、黒か白い布で覆い、その上に遺影を飾り白い清楚な花を添えます。
遺族が棺の前に着席したところで、故人愛唱の聖歌を合唱し聖書朗読、祈り、牧師の納棺の辞があり、再び聖歌を合唱し祈りを捧げ納棺式を終えます。 プロテスタントの中でも、宗派により式次第が少しずつ違うこともあります。



◇キリスト教での葬儀後の日程

キリスト教の場合、カトリックでは追悼ミサ、プロテスタントでは祈念式が仏式の法要にあたります。

◇追悼ミサ
カトリックでは、死亡した日から、三日目、七日目、三十日目(一ヶ月目)、に追悼ミサを行い、祥月命日に「死者記念のミサ」を行います。
それ以後は、特別な決まりはなく区切りの良い年に家や教会でおこないます。
なお、カトリックでは、毎年十一月二日に万霊節(死者の日)としています。

◇記念式
プロテスタントでは、死亡して一ヶ月後の召天記念日として、記念式を行います。
それ以外には、特に記念式の決まりはありません。
亡くなってから数年間は、一年ごとの命日に記念式を催します。

◇万霊節
毎年、十一月二日のこの日は、仏教でいうところの彼岸のように、この日の前日、または、二日前に墓地の掃除をしておき喪服を着て花を持ってお参りします。 教会でも、死者達の追悼ミサが行われ親戚や知人なども参列します。

 

>>HOME


© KAZUMURA