◇法要の日取り
法要は、故人や先祖の追善、供養のために行う行事で、法会(ほうえ)、法事(ほうじ)とも言われています。
法要の日取りは故人の命日にすることが一番良いのですが、色々と事情もあり命日に出来ないケースの方が多いと思われます。
このような場合は 取り越し供養と言って、命日以前の日に変更して行います。
※仏事は遅れて営んではいけないというのが、昔からのしきたりです。
最近では、会社や学校の関係から命日に近い日曜日や祝日に行うことが多いようです。 1年の内に2つ以上の年回忌が重なるときは、一周忌以外は、命日の早い方に合わせて行うこともあります

◇忌み日の法要
仏教では、死亡してから一週間を「中陰」といって、霊がまだ彷徨っている期間であると言われています。
そのため、亡くなった日から教えて7日ごとに初七日(しょなのか)、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、五七日(いつなのか)、六七日(むなのか)、七七日(しちしちにち 満中陰、四九日)、と供養を行います。
これは、死んだ後に七日ごとに関所を通りその都度、審判を受け7回目の最終審判が七七日(四十九日)に当たります。
※書面にて49日法要を七七日忌と記載するのはこのためです。
 最近では、初七日と四十九日の法要だけ行うのが一般的です。
初七日は、火葬場から帰ったあとの、遺骨迎えの法要と一緒に済ませることが多くなりました。
初七日のあと、二七日、三七日、四七日は内輪で法要をすることが多く、五七日(35日)は、死者が冥土で5回目の審判を受ける大切な日として、僧侶、親類、友人、知人を招いて手厚く法要を営みます。
宗派によってはこの日を忌明けとする場合もあります。
七七日(49日)は重要な忌明けの法要日で、死者が冥土で最終審判を受ける日となっています。
この日に納骨式を行うことが多いので、僧侶、近親者、友人、知人を招いて盛大な法要となります。
忌明けの宴を開き、香奠返しを送り、仏壇がなかった家も、この日までには、新しい仏壇を用意します。
また、祭壇に置いてあった白木の位牌は寺に返し、仏具屋で戒名を書いてもらった黒塗りの位牌を「入魂供養」して仏壇に納めます。
49日が過ぎると、百か日(100日目)まで法要は行いませんが、地方によって、また財力のある家では、新仏の供養とともに無縁仏にも供養する施餓鬼会(せがきえ)」を行うこともあります。 百か日は内輪で行う事が多くなり、この日で法要は一段落となります。

◇年忌法要
死亡した翌年の同月同日を祥月命日といい、一周忌を行います。
その翌年、死亡して満2年目に三回忌を行います。
三回忌の後は、七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌とあり、この後五十回忌、百回忌と50年ごとになります。
一般には、三十三回忌で切り上げることが多く、この後は先祖の法要としてまとめて営むことが多いようです。

命日と祥月命日
毎月巡ってくる故人の命日には、仏壇に故人の好物などを供えて、家庭内だけで供養するのが一般的です。
祥月命日は、死亡した同月同日の命日を言います。
特に人を招いたりはしませんが、仏壇を綺麗に掃除し、花や供物をいつもより多く供え、墓参りをしたりして、家族揃って心からの供養をしてあげましょう。

◇法要の準備
法要に招く人は、一周忌までは、かなりたくさんの人に来て戴きますが、三回忌からは次第に関係の深い人だけに絞っていきます。
案内状を出す場合、日時・場所・服装を明記して、遅くとも2週間前には先方に届くように送り、出欠の返事をもらいます。
普段からのつきあいのある近親者などには、電話や口頭で通知し出欠を確認しても良いでしょう。

◇逮夜法要
逮夜とは、忌日の前夜という意味で臨終から六日目の夜を指します。
つまり初七日の前夜となります。
逮夜には、故人の冥福を祈り、一晩中語り明かす風習があり、宗派に依っては、この逮夜法要を重要視しているところもあります。
現在では一般的に、あまり行われていません。
法要をする場合でも、忌日ではなく、日程を早めて法要を執り行ってもよいので初七日法要は、火葬の後に同日執り行われることが一般的です。

◇初七日
各七日の忌み日の中でも、初七日は葬儀の区切りになりますので特に重く見られています。
現在では、親族や近親者の都合も配慮し、火葬後、同日に繰り上げ法要を行います。
初七日法要の後に精進落としとして、食事を振る舞います。 昔は、四十九日の忌明けの後に精進落としとしたようです。

◇四十九日(七七日忌)
仏教では、この日が最終の審判の日に当たるとして大変重要視されています。
この日を境に忌明けと定めますので、法要を行う場合も、親族、知人、友人を招き、盛大に行われます。

◇施餓鬼会(百ケ日)
四九日を済ませると後は、百ケ日を迎えるまでは、特に法要はありません。
施餓鬼会もそれ程、ポピュラーな法要ではなく、一部で営みがある程度です。

◇精進落としの意味
死者は七つの関所を通り、最後の四十九日目の関所で、生まれ変わる世界が定められると言われています。
その間、残された家族は、喪に服し、肉や魚などのなまぐさ物を断って、精進料理で過ごすのが習わしです。
四十九日の忌明けと共に通常の食事に戻りますが、「精進落とし」とはその最初の食事の事を意味します。
今日では、僧侶をはじめ、葬儀でお世話になった人達をもてなす宴席と言う意味合いが強まり、葬儀当日に初七日法要を済ませた後に行うことが普通です。



◇神式霊祭
仏式の法要に当たるものが神式(神道)では霊祭になります。
死亡した日から10日ごと(※仏式では、7日ごと)に十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭と祭祀(さいし)を行います。
五十日祭は略さないのが普通で、特に五十日祭は忌明けとなりますので、近親者、友人、知人を招いて盛大に行います。
最近では、この日に清祓(きよはらい)の儀と合祀祭(ごうしさい)も一緒に行う事も多くなりました。
また、五十日祭には、葬儀の時に玉串料を頂いたところには、忌明けの挨拶をします。
五十日祭のあとは、百日祭、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭と続きます。
百日祭、一年祭も重要な祭祀で、特に一年祭は丁重に行い、これが終わると喪をときます。
十年祭も盛大に行います。 神式の霊祭は、墓前や自宅に神職を招いて祭詞をあげてもらい、主だったものが玉串奉奠をします。
霊祭のあとは、一同で故人を偲びながら会食します。
神職への謝礼の表書きは「御礼」とし、自宅に招いたときには、「御車代」を包みます。



◇キリスト教式
キリスト教の場合、カトリックの追悼ミサ、プロテスタントの記念式が仏式の法要に当たります。
1)カトリックでは、死亡した日から一ヶ月目と一年目に追悼ミサを行い、それ以降は、特別の決まりはなく、十年目、二十年目といった区切りの良い年、或いは仏式の習慣に合わせて、三回忌、七回忌などを盛大に行ったりします。
なお、カトリックでは、毎年11月2日に仏教のお彼岸に当たる「万霊節(死者の日)」を行い、家族、近親者が参加して、墓参り、追悼ミサなどを行います。
2)プロテスタントの場合は、一ヶ月目の召天記念日に記念式を行い、それ以降は日本の一般習慣に合わせて、一年目、三年目、七年目などに記念式を行うことが多いようです。
※基本的に一年目以降は決まりはないようです。
カトリックの追悼ミサは教会で行われ、プロテスタントの記念式は、小さな祭壇を作って自宅で行うか、または教会で伝道集会と兼ねて行うことが多いようです。



◇納骨
仏式
納骨は、五七日忌、七七日忌に合わせて納骨を行うことが一般的です。
神式
納骨は、十日祭から五十日祭までの十日目ごとの中から良い日を選びます。
キリスト教
キリスト教では、七日目か一ヶ月後の召天記念日に合わせます。

>>HOME


© KAZUMURA