◇霊祭の種類
神式では、葬儀の翌日に葬儀が無事済んだことを報告する翌日祭をはじめ、十日ごとに、十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭を行います。
十日ごとの祭祀の意味は、毎日の奉仕の日供を十日ごとに一段と丁重にするという意味があります。
仏教の七日ごとに法要とは少し違います。
五十日祭の後は、百日祭、一年祭があります。 重要な祭祀としては、五十日祭、百日祭、一年祭があります。
ちなみに、翌日祭は現在では、ほぼ行われていません。

>>HOME


© KAZUMURA