葬儀通知状は現在では、大型葬(社葬・団体葬)での利用にほぼ限定されています。
通常の葬儀ですと、日程に余裕がありませんので郵便での通知では時間的に間に合わないのが現状です。
大型葬でも、本葬を執り行わない場合などには、基本的に使用しません。
密葬ののちに本葬を執り行う葬儀での通知として、葬儀通知状をご利用頂いております。
基本的な内容としては、故人の命日の記載や、本葬の日程・場所や駐車場の有無や交通機関の案内など会葬に来て頂くときの注意点や
葬儀の施行形式、あるいはホテル等で執り行う場合には、服装に関してなど必要な情報などを盛り込みます。


◇葬儀通知状見本文例


※上記文例は基本的な構成です。
これに必要な事項などを付加していきます。
また、葬儀出席者と参列者で内容を分けたい場合、付箋紙などを利用して内容をそれぞれに変化させることも出来ます。

>>HOME


© KAZUMURA