葬祭印刷とは、葬儀から法要までの幅広い印刷物を指します。

 会葬礼状
会葬礼状は、本来告別式に使用する物でした。
現在では、弔問・会葬の形態が以前と変わり弔問に訪れる方が多くなりましたので 通夜にもお配りするようになりました。
(※地域によって若干差異があるかと思われます。)

 葬儀通知状
葬儀の規模が大きい場合や、密葬と本葬に分けて葬儀を行う場合、葬儀通知状を発送します。
死亡の経緯や葬儀の日程などを印刷します。

 事後通知状
家族葬や密葬で葬儀を済ませた場合、葬儀の後に事後通知状を発送します。
故人と生前親交の厚かった方々へ通知します。

 葬儀後の挨拶状
滞りなく葬儀が終了した後、葬儀の時に 弔電・供花・供物などを頂戴した方々へ葬儀後の挨拶状を発送します。
昔は、現在のように葬儀当日にはお礼状を渡しませんでしたので、昔は葬儀のお礼状は、この葬儀後の挨拶状になります。
会葬礼状と違うのは、葬儀後の挨拶状の場合、それぞれ頂戴した物に対してお礼状を発送するということです。
ですから、頂戴した物によっては、文章も変わることになります。

 法要案内状
葬儀関連の印刷物(お礼状・通知状)が一段落すると、すぐに法要があります。
法要に際しては、法要案内状を発送します。
法要の場合、身内のみにて執り行うケースも非常に多く、このような場合には、わざわざ案内状を作成することなく、電話連絡やFAXなどですませるケースも多いようです。
しかし、故人と生前に親交のあった方々をお招きする場合には、やはり書面にて丁寧にご案内する事が望まれます。
身内のみの対応と、身内以外の方への対応は、きちんと分けて考えた方が良いと思われます。

 忌明け挨拶状
法要が終わると忌が明けます。 一般的に「忌明け」と言います。
忌明けには、一般的には香典返しを行います。 このときに巻紙(奉書)を添えて忌明けの挨拶を行います。
香典返しをしない場合、忌明けの挨拶状を発送します。
忌の内は、訪問を控えている方もいますので、忌明けの挨拶状は、きちんと送るようにした方が良いと思います。
忌明けの挨拶状が届いた後に、改めて訪問を考える方がいるからです。

 喪中ハガキ
最後に喪中ハガキです。
別名、欠礼ハガキですが、文字通り年末年始の挨拶を行いませんという旨を通知します。
年賀状を作る前に、届くのが一番良いのですが、12月中旬までは大丈夫だと思われます。
また、この時期に間に合わない場合には、年賀状を頂戴した方々に改めて寒中ハガキを送ります。

© KAZUMURA